来店者数を属性別に集計・分析する顔認証システムLYKAON

属性分析の課題を、顔認識が解決

店舗ビジネスでは、利用者の快適な店舗づくりや商品展開、キャンペーンの実施が大切です。
それには、いつ・どのような人が店舗に訪れているのかを出来るだけ把握することが重要となってきます。

従来の方法では、通行料の調査を外部に委託したり、POSシステムによる属性入力を従業員が手入力で行っていました。
しかし、外部への調査委託は、調べたい時間帯や期間を自由に選ぶことが困難であり、POSシステムでは来店者の内、購買層しか把握できないという問題があります。

このような問題の中生まれたのが、顔認識来店者分析マーケティングシステムLYKAONです。
従来抱えていたような問題を、顔認識技術が解消しました。
顔認識を活用すれば、人に頼ることなくシステムが自動で来店者数を集計し、更に年齢や性別といった属性別に分類することが可能です。
また、属性分析については、システムが一定の基準に基いて行うため、従来のように従業員の主観によるバラツキも抑えることができます。

機能概要

機能概要

顔認識来店者分析マーケティングシステムLYKAONは、顔認識技術を活用した店舗事業者向けのマーケティングシステムです。
店舗の入退店口などにカメラを設置し、カメラを通じて取得した顔情報を、システムが自動で来店日時や年齢・性別といった情報を識別していきます。
取得したデータを分析していくことで、商品展開やスタッフの配置、キャンペーンの展開などに活用していくことが可能です。

収集可能な来店者属性

収集可能な来店者属性

LYKAONでは、「年齢」「性別」「来店日時」といった来店者属性の収集・分析が可能です。
これまで把握が困難であった非購買層の年齢層や性別を、顔認識で自動認識します。

収集データはグラフで「見える化」

収集データはグラフで「見える化」

収集した来店者のデータをグラフ化することで視覚的に表現。
グラフ化することで、データをよりわかりやすく分析することが可能です。

デジタルサイネージとの連携

デジタルサイネージとの連携

LYKAONの顔認識機能とデジタルサイネージを連携することで、来店者属性に合わせた広告コンテンツの配信を可能にしました。
デジタルサイネージに設置したカメラから対象の顔を認識することで、対象の年齢や性別に合わせた最適な広告を表示します。

一覧へ戻る

ページトップへ