小売業界におけるビッグデータの今後

ビッグデータとは

ビッグデータとは

ビッグデータとは、文字通り大量のデータのことを言い、IT用語として、2010年頃からよく使われるようになりました。
用語としての明確な定義はありませんが、マーケティング用語としても、使われています。

通常、何らかの形で取得したデータは、データ収集自体に明確な目的があり、利用価値があるものですが、ビッグデータと呼ばれる巨大なデータは、データ自体の種類や形式が定まっていない為、データの量も相まって、解析が非常に困難なデータを指して「ビッグデータ」と呼ぶこともあるようです。

ポイントとしては、下記の3つが挙げられます。

  • 取扱いが困難なほどの巨大なデータであること
  • 構造化データ、非構造化データを含むデータの種類が多いこと
  • データの持つ情報解析とそのスピードが重要であること

これだけ見ると、先のように解析が非常に困難であり、価値を見出すことが出来ないデータであるように思えます。仮に解析が出来たとしても、それを処理するために多くの時間がかかってしまっても意味がありません。

しかしながら、ビッグデータには、大きな可能性があり、見方を変えたり、解析方法次第では、新しいシステムを作り出すことに大きく役立てることが出来る為、単純に「解析が困難な巨大なデータ」とするのではなく、従来では扱いが難しかった巨大なデータを取り扱うシステムを指していることもあります。

つまり、ビッグデータとは、言葉通り「データ」そのものを指しながらも、それらのデータを活用することを考える概念を捉えた言葉と言えるのではないでしょうか。

ビッグデータの重要性

ビッグデータは単なる巨大なデータではないことは先の内容の通りですが、その言葉が意味する「ビッグ」の大きさは、会社の規模や個人によって程度が異なるでしょう。

その為、ビッグデータのことを「大企業が蓄積しているような巨大なデータ」という解釈で話されることも多く、そもそもそんなデータの蓄積は無いと思われていたり、それ自体に価値を見出していない場合がありますが、実際には多くの場所でデータは収集されており、小売業者を含む中小企業であっても、思わぬところに重要なデータを持っていることがあり、一見価値が無いように見えるデータでも、イノベーションに繋がる大変貴重なデータになり得ることもあるのです。

しかしながら、データ収集の方法は多岐にわたる為、本当に少ないデータだけではビッグデータと呼ぶことは出来ず、それなりの価値しか見出せないでしょう。
多くのデータを取扱い、今あるデータも含めて、ビッグデータ化することで掛け合わされた情報が価値のあるものへと変化し、本当の意味でのビッグデータとして、会社の意思決定プロセスに組み込まれるものとなっていくのです。

ビッグデータ活用で小売業界はどう変わるのか

ビッグデータが大手企業で既に取り扱われていることはご存知かと思います。
例えば、大手通販サイトのリコメンデーションにもビッグデータは活用されています。
リコメンドされた商品は、ほとんどの場合、その個人にとって興味の強いものであり、確実に「個」に対してリーチされていることがわかります。

ビッグデータには様々な情報が含まれている為、それだけでは巨大なデータとせざるを得ませんが、大手企業では既にビッグデータを有効活用するシステムが確立されており、実際の業績に大きく貢献しているものと思われます。

では、小売業界にビッグデータを取り入れることは出来ないのでしょうか?
その選択肢の一つにLYKAONの顔認識があります。

LYKAONによるビッグデータ収集

ビッグデータ活用で小売業界はどう変わるのか

顔認識来店者分析マーケティングシステムLYKAONでは、顔認識で来店者の属性を収集・解析することが出来ます。
そこで解析されたデータと既にあるデータやこれから集積されるデータとを掛け合わせることで、例えば、時間帯によるスタッフの配置、曜日による商品の配列など、細かな部分までデータから算出出来るようになります。
それは、最終的に、個人に対してアプローチすることになり、業務をスタッフ個々の能力だけに頼ることなく、システム化していくことに繋がります。

このようにビッグデータを活用し、システム化をしていくことは、将来的には作業効率・精度を底上げするような変革をもたらすきっかけになる のではないでしょうか。

具体的な活用例はこちらの記事で紹介しています。
店舗改善・売上向上に繋げるための活用例

まとめ

ビッグデータが業界で使われ始めて早数年が経ちますが、実際に直接関わる機会が無いまま従来の手法でマーケティングを行っている小売店も多いのではないでしょうか?

ビッグデータは既に世界的にも取り入れられている考え方であり、今後、より普及していくことでしょう。
それは、大手企業だけでは無く、小売業界にも同じことが言えるかと思います。

また、ビッグデータ分析は、大手企業やある特定の企業が属人化しているような印象を持たれている方も少なくないでしょうが、これからは、より身近な存在として、今後無くてはならないプロセスとなっていくでしょう。

特に小売業界では、マーケティングに大きく役立つ手法だと言えますので、当社の顔認識来店者分析マーケティングシステムLYKAONもその一翼を担う存在として、小売業界に貢献出来ればと思います。

一覧へ戻る

ページトップへ