来店率を左右するデジタルサイネージの活用法

デジタルサイネージとは

signage-iloveimg-resized.jpg

デジタルサイネージとは、ディスプレイやプロジェクタなどで広告を表示する看板です。
電子看板とも呼ばれており、主に店頭・屋外・公共の場などに設置されています。
看板やポスターとの違いは、常に同じ広告を表示するのではなく、地域性や時間帯を考慮して表示させる広告を変えられることです。
特定のターゲットに焦点を絞って広告を表示できるので、集客率を上げる手段として高い効果が期待できます。
しかし、これは有効活用できたときの場合です。
ターゲットの情報を分析できなければ、デジタルサイネージのメリットは弱くなってしまいます。

デジタルサイネージを有効活用する方法

signage1-iloveimg-resized.jpg

デジタルサイネージを有効活用するためには、広告を見ている人に合わせて表示する画面を変える必要があります。
特に「年齢」や「性別」は非常に重要なので、より効果的なマーケティングを行うためには必要不可欠な情報です。
また、デジタルサイネージを設置する場合は周辺環境の状況も把握しておけると良いでしょう。
どの時間帯にどんな人が広告を見ているのかを知っているかどうかでは、大きな違いがあります。

デジタルサイネージと顔認証の連携

「顔認識来店者分析マーケティングシステムLYKAON」は、顔認証システムによって瞬時に年齢や性別を識別してくれます。
これをデジタルサイネージと組み合わせることにより、見ている人に合わせて表示する広告を変えることが可能です。
難しい設定を行う必要はなく、自動で表示する広告を変えることができるため、面倒な手間がかかるようなことはありません。

  • 1.リカオンで年齢 性別に応じて、表示させたい広告を設定する
  • 2.顔認証カメラがデジタルサイネージを見ている人の年齢や性別を識別
  • 3.識別情報をリカオンが受信し、表示させる広告をデジタルサーネージへ送信する
  • 4.デジタルサイネージが信号を受信し、表示する広告を変える

リカオン導入後のイメージ

使用例1

分析

デジタルサイネージを見ている人は圧倒的に女性が多かった。

対策

女性向けのイベントを企画し、集客率の向上を図る。

使用例2

分析

お昼は30~40代の女性、夜は40~50代の男性が多かった。

対策

広告をお昼は、30~40代の女性向け、夜は、40~50代の男性向けにする。

長期的な収益アップが見込める

earnings-iloveimg-resized.jpg

この他にも、デジタルサイネージと顔認証を活用する方法はたくさんあります。
AとBの広告を用意して来店率を比較したり、来店に至らなかった人の属性を分析したりすることも可能です。
常に分析しながら改善点を見つけることができるため、他社との差別化を図りながら、効率の良いマーケティングが行えます。
購買層だけではなく、非購買層の分析も行えるので、長期的な収益アップを望んでいる方に最適です。

一覧へ戻る

ページトップへ