TOPICS

小売業界におけるビッグデータの今後

ビッグデータとは、文字通り大量のデータのことを言い、IT用語として、2010年頃からよく使われるようになりました。
用語としての明確な定義はありませんが、マーケティング用語としても、使われています。

来店者情報を店舗改善・売上向上に繋げる活用方法について

消費者が店舗を自由に選べる「供給過多」の時代。サービス提供者側が、利用者層を把握し快適な店舗サービスを提供していく事が課題となっています。
LYKAONでは来店者情報を顔認識技術により自動で収集・集計し、店舗改善・サービス改善に役立てる事が可能です。

これからのビジネス・暮らしにおけるIoT革命

急成長を見せるIoT市場は2020年には約14兆円になると言われています。その背景にあるのが2020年に開催される東京オリンピックの影響です。
オリンピック開催に向けて、社会インフラの充実や最先端の技術を搭載したまちづくりなど、政府や自治体も積極的な動きを見せています。
今、全産業の中でもっとも著しい成長を見せているのがIoT市場でありこの著しい成長は第4次産業革命と呼ばれる新しい時代の流れが背景にあります。

来店者数を属性別に集計・分析する顔認証システムLYKAON

顔認識来店者分析マーケティングシステムLYKAONは、来店者数を顔認識により属性別に集計・分析し、マーケティング分析に活用するシステムです。

LYKAON製品によるコンビニ経営で 顧客単価を上げて売上アップ

現状確認から、顔認証を活用した顧客単価の向上の方法について紹介致します。

顔認識で取得した消費者属性を活用したセグメンテーション

LYKAONで得られる消費者属性。これをセグメントとしてマーケティング戦略に活用してみましょう。

ページトップへ