運用の流れ

カメラの設置

店舗の入退店口にカメラを設置します。
入退店口が複数ある場合は、その数に応じてカメラを設置して下さい。
(最大12台までカメラ接続可能)

デジタルサイネージの設置

人の集まりやすい場所などに、LYKAONに接続したデジタルサイネージを設置します。
LYKAONの顔認識機能を利用することで、見る人の年齢・性別に合わせた広告配信を店頭広告に実現します。

デジタルサイネージの設置は任意です。

集計開始

設置したカメラをLYKAONに接続し、来店者やデジタルサイネージの配信状況を集計します。
集計には顔認識の情報を使用し、来店日時や性別・年齢(推定)を常時集計していきます。

分析

LYKAONの顔認識で収集したビッグデータを元に、分析を行います。
グラフでの視覚表現や、CSV形式でのエクスポートに対応することで、高度なマーケティング分析に対応します。

分析の例

  • 総来店者に対して、非購買層の特徴は?
  • 来店者数が多い/少ないのはどの時間帯か?
  • キャンペーンの展開で来店者数がどれだけ向上したか?
  • デジタルサイネージを見る傾向が強いのはどの客層か?
  • 閲覧されやすい広告の傾向は?

改善

分析だけで満足してはいけません。
分析結果を元に、改善策を打ち立て、収益に繋げていきましょう。

改善例

  • 非購買層に合わせた商品展開を行うことで購買率を向上
  • 来店者数に応じてスタッフ数の見直しをすることで、人件費を削減
  • デジタルサイネージを見る客層に合わせた広告展開をすることで広告効果を向上

ページトップへ